Windows AzureでのOSS開発8 -Joomla!のインストール-


2    Windows AzureでのOSSインストール手順
2.4    Joomla!のインストール

この章ではオープンソースのCMSのJoomla!をWindows Azureにインストールする手順を説明します。
下準備として前章まででインストールしたeXtplorerとphpMyAdminでインストールしたMySQL(MariaDB)を利用する事になります。

まずはJoomlaをインストールするディレクトリを作成します。
eXtplorerで「新規ファイル/ディレクトリ」アイコンを押下します。
下記のようなファイル名、ディレクトリ名入力画面が表示されるので、joomlaをインストールするディレクトリ名(直接URL名にもなります)を入力します。


2.4 1 eXtplorerでのディレクトリの作成

OKボタンを押すとサイト内に設定したディレクトリ名が作成されます。


2.4 2 Joomla!インストールディレクトリの作成

では次にJoomla!のプログラムを取得しましょう。Joomla!サイトからダウンロードする事も可能ですが、今回はeXtplorerを使って直接取得する方法をご紹介します。
eXtplorerの「アップロード」アイコンをクリックします。


2.4 3 eXtplorerのアップロード機能

アップロードファイルを選択するモーダルウィンドウが表示されますが、今回はファイルをアップロードするのではなく直接ファイルを取得します。
「他サーバから転送」タブがあるので、それをクリックします。


2.4 4 eXtplorerの「他サーバから転送」機能

この画面では、取得したいファイルのURLを入力する事でそのファイルを取得する事が出来ます。
今回はJoomla!のファイルを指定します。


2.4 5 Joomla!のURLを指定

URLを入力後、「保存」ボタンを押下すると、eXtplorerは指定されたURLからJoomla!のプログラムをダウンロードしてきます。


2.4 6 ファイルの取得

取得したファイルを先ほど作ったインストールディレクトリにファイルを移動させましょう。
eXtplorerの「移動」アイコンをクリックします。


2.4 7 eXtplorerでのファイルの移動

表示されるモーダルウィンドウには、移動先のディレクトリを入力するテキストボックスが表示されるので、先ほど作成したディレクトリを指定します。


2.4 8 Joomla!プログラムのファイルの移動

取得したファイルはZIP圧縮されているので、このファイルを指定して「解凍」アイコンをクリックします。
解凍する旨のポップアップウィンドウが表示されるので、Yesをクリックします。


2.4 9 eXtplorerの「解凍」機能

Joomla!の圧縮ファイルが解凍され、インストールディレクトリにプログラムが解凍されます。
内容を確認して続いてインストールを行っていきます。


2.4 10 Joomla!のプログラム展開

作成したJoomla!インストールディレクトリへWebからアクセスします。
Joomla!は初期インストールを行っていない場合、以下のような画面が表示されます。


2.4 11 Joomla!インストール画面

日本語を選択して「次へ」ボタンを押下すると、続いて事前確認画面が表示されます。
推奨設定でひとつ赤で規定と違う値がありますが問題ないのでそのまま続けます。


2.4 12 事前確認画面

続いてライセンス表示がされるので、内容を確認し「次へ」ボタンを押下します。


2.4 13 Joomla!ライセンス

データベースの設定は、mysqlを選択し、ホスト名に「localhost:20003」、ユーザ名は「root」、パスワードはphpMyyAdminをインストールした際に設定したパスワードを、データベース名には今回はphpMyyAdminをインストールした際に自動で生成された「test」を指定します。


2.4 14 Joomla!データベース設定

FTP設定の画面ですが、今回は利用しないので「いいえ」のラジオにチェックを入れ、「次へ」ボタンを押下します。


2.4 15 FTP設定

最後にサイトの全般の設定を行います。
サイト名とサイトの管理者情報を入力します。
管理者パスワードは管理画面へのログイン情報となるので慎重に入力して下さい。

必要であればサンプルデータをインストールします。
「サンプルデータインストール」のボタンを押下する事で、先ほど設定したデータベースにサンプルデータがインストールされます。
今回は見た目が良くなるので入れる事にします。

その後、「次へ」ボタンを押下し、インストールを完了させます。


2.4 16 サイト全般設定

インストールが完了すると完了画面が表示されます。
「installationディレクトリは必ず削除してください。」とメッセージが出ているので、後ほど消しておきましょう。
このディレクトリを削除するとインストール完了となります。


2.4 17 インストール完了画面

もう一度eXtplorerに戻ります。
Joomla!をインストールしたディレクトリ内へ移動し、installationディレクトリを選択し、「削除」アイコンをクリックして削除します。
これでinstallationディレクトリが削除され、インストール完了となります。


2.4 18 installationディレクトリの削除

installationディレクトリを削除した後、もう一度WebからJoomla!インストールディレクトリへアクセスすると、サンプルデータがインストールされたJoomla!のトップ画面が表示されます。


2.4 19 Joomla!トップ画面

以上でJoomla!のインストールは終了となります。



コメントをどうぞ