SQL Server Driver for PHP 1.1導入


※ IISとPHPとFastCGIモジュールの設定が完了している前提で説明いたします。

SQL Server Driver for PHPの概要 | Windows Maniax」にてSQL Server Driver for PHPについての簡単な紹介と必要要件、バージョンについて説明しました。

今回は、実際にSQL Server Driver for PHPを使用するための環境設定の方法についてご紹介いたします。

1.Download details: SQL Server Driver for PHP 1.1 CTP」からSQL Server Driver for PHPを任意の場所にダウンロードします。

2. ダウンロードした「SQLServerDriverForPHP11.EXE」をダブルクリックをし起動させます。

3. ライセンス条項が表示されますので確認をし「Yes]を押下します。

 20091226140902

4. ファイルの解答先を指定し、「OK」を押下します。

 20091226141428

5. 「使用方法は、ヘルプファイル(SQLServerDriverForPHP.chm)を見てね。フィードバックを歓迎します。ブログ見に来てね」っと書いてあるのを確認し「OK」を押下します。

 20091226141401

 

6. 使用するSQL Server Driver for PHPの決定。

  「SQL Server Driver for PHPの概要 | Windows Maniax」のSQL Server Driver for PHPの種類を
参考に、自分が使用するSQL Server Driver for PHPのファイルを決めます。
  ここでは、PHP5.2(ノースレッドセーフ、VC++6バージョン)環境に設定しましたので、  「php_sqlsrv_52_nts_vc6.dll」を使用して説明します。

7. 「SQL Server Driver for PHP」のファイル配置。

  「php_sqlsrv_52_nts_vc6.dll」をPHPのEXTフォルダーに配置します。
  php.ini の extension_dir で指定したフォルダーになります。
  既定の場合、「D:\php」にPHPを配置した場合、「D:\php\ext」になります。

8. 「SQL Server Driver for PHP」の読込設定。

  php.ini を編集します。extensionが複数記載されている直下に追加します。

extension=php_sqlsrv_52_nts_vc6.dll

  設定を反映させるために、アプリケーションプールのリサイクルを実施します。

9. 「SQL Server Driver for PHP」の読込確認。

  正しく設定が行えSQL Server Driver for PHPが読み込まれているかを確認します。
  テストファイルをIISのホームディレクトリに配置します。
  たとえば、test.phpなどの名称にし、以下の内容にします。

<?php
phpinfo();
?>

  以下のような記述があれば、正常に設定が完了しています。
  無い場合は、設定が間違っているか、使用しているSQL Server Driver for PHPのファイル種類が間違っている可能性があります。

 20091227155519

10. IIS実行ユーザにSQL Serverへのログイン権を付与します。

  (1) SQL Server Management Studioを起動し、ログインします。

  (2) IIS実行ユーザのログインユーザを作成します。

  「セキュリティ」→「ログイン」を選択し、右クリックから「新しいログイン」を選択します。

 20091227160231

  「検索」ボタンを押下します。

 20091227160936

  「詳細設定」ボタンを押下します。

 20091227161119

  「検索」ボタンを押下し、一覧の中から「IUSER」を選択し、「OK」ボタンを押下します。

 20091227161240

  「OK」ボタンを押下します。

 20091227161424   

  (3) IIS実行ユーザに「sysadmin」の権限を付与します。

  ※セキュリティの観点からこの設定は非推奨です。セキュリティリスクが高くなります。
  が、11.以降の作業を毎回行わずにすむっというメリットはあります。

  インストールマニアックス向けですね^^; なので、通常はこの設定を行わずに、11.以降を行います。

  左側ペインから「サーバーロール」を選択し、「sysadmin」にチェックを入れ、「OK」ボタンを押下します。

 20091227162416

11. ログインユーザ(IIS実行ユーザ)にデータベースへのアクセス権を付与します。

10.(3)を行っている場合は、以下の作業は不要です。

  (1) アクセス権を付与したいデータベースを選択し、「セキュリティ」 → 「ユーザー」を右クリックし、「新しいユーザ」を選択します。

 20091227162734

  (2) ログインユーザを選択します。

 20091227163050

  (3) 「参照」ボタンを押下します。

 20091227163135 

  (4) 「IUSER」にチェックを入れ、「OK」ボタンを押下します。

 20091227163249

  (5) ユーザ名に任意の名前を入力し、必要なロールを選択し、「OK」ボタンを押下します。

 20091227163512

  データベースロールについては、「データベース レベルのロール」を参考にし必要なものを選択してください。

 

以上で、SQL Server Driver for PHPを使用して、PHPからSQL Serverへアクセスするための事前準備が完了しました。

次回は、実際にSQL Server Driver for PHPをPHPコードから実際に使用する方法についてご紹介します。その後、既存のPHP-MySQL環境で動いているプログラムをPHP-SQL Serverへマイグレーションを行う方法についてみていきたいと思います。


タグ:


コメント / トラックバック1件

  1. […] りますが、 これはphpとWindowsServerのバージョンにより 選択するものが変わってきます。 [SQL Server Driver for PHP] 今回はphp5.3.27で、SQLSERVER2005であるため、 ver2(SQLSRV20.EXE)を使うことにします。 […]

コメントをどうぞ