SSLの設定


SSLの設定に関しては、IISとapacheでは結構違っているのでapacheユーザは戸惑ってしまうこともあります。
IISではGUI設定ゆえにapacheのように設定ファイル1つでハイ出来上がりというわけにはいかないので設定手順を以下に記します。
※IIS7.5での設定手順になります。

大きく分けて以下のような手順で進めていきます。

  • 証明書のインストール
  • HTTPSバインドの作成

1.証明書のインストール

証明機関から発行された証明書(あるいは自己証明書)をインストールするのですが、IISではPEM形式のものではなくPKCS7形式(証明書と中間証明書が一緒になったもの)を使用します。
証明書をテキストファイルなどに保存しておきます。

IISマネージャからサーバ証明書をクリックします。

画面右側の証明書要求の完了をクリックします。

保存した証明書とフレンドリ名を登録してOKを押します。

サーバ証明書の一覧に追加されていればインストールは完了です。

2.HTTPSバインドの作成

SSLを設定したいサイトの「SSL 設定」の右側バインドをクリックします。

新規で設定する場合は「追加」でバインド設定します。
種類をHTTPSにしIPアドレス、ポートの設定をしSSL 証明書を上でインストールした証明書を選択してOKを押します。

最後にIISの再起動を行います。

以上の設定でサイト全体でSSLでの通信が可能になります。


タグ:


コメントをどうぞ