【Infinito】管理画面の概要その2 コントロールパネル(セキュリティ)


Infinitoはwindows(IIS)のホスティングサービスです。
IISのセキュリティ機能の1つとして「Web サイトのアクセス許可」という項目でWebサイト(ファイル)を保護します。
「Web サイトのアクセス許可」の設定変更はコントロールパネルより変更ができます。

左メニューより
サーバー管理 > メニュー > ドメイン名 > ドメイン管理

でドメイン選択し、

ウェブ管理 > セキュリティ

で以下のような画面が出てきます。

画面右下の「編集」ボタンより必要な項目を有効にします。

※デフォルトでは読み取りのみ有効になっています。

[スクリプト ソース アクセス] ソース ファイルにアクセスできます。[読み取り] チェック ボックスがオンのときは、ソースの読み取りができ、[書き込み] チェックボックスがオンのときは、ソースへの書き込みができます。[スクリプト ソース アクセス] では、スクリプトのソースコードにアクセスできます。[読み取り] と [書き込み] のいずれのチェックボックスもオンになっていない場合は、このオプションは使用できません。
[読み取り] (既定で選択) ディレクトリやファイルの内容とプロパティを表示できます。
[書き込み] ディレクトリやファイルの内容およびプロパティを変更できます。
[ディレクトリの参照] ファイルの一覧とコレクションを表示できます。
[実行アクセス許可] ボックスで、スクリプトを実行するときの適切なレベルを選択します。

* [なし] サーバーでスクリプトや実行可能ファイルが実行されません。
* [スクリプトのみ] サーバーでスクリプトのみが実行されます。
* [スクリプトおよび実行可能ファイル] サーバーでスクリプトと実行可能ファイルが実行されます。

Technetに詳細がありますのでリンクを張っておきます。

TechNet Web サイトのアクセス許可によりサイトをセキュリティで保護する

ホスティング環境のような直接windows上でファイルをさわれないような場合だと
「読み取り」のみ有効という状態は開発時などは不便ですね。

FTPクライアントソフト上からファイルのパーミッションが変更できなかったり、
WEB経由でのファイルの更新ができなかったりします。



コメントをどうぞ