リモートIISマネージャー


Windows XPなどからも別のWindow Serverマシンなどで稼動するIISを管理することができます。
参考: http://learn.iis.net/page.aspx/158/remote-administration-for-iis-manager/

インストール及び設定手順

  1. http://www.iis.net/extensions/IISManager よりプログラムをダウンロードし、リモート端末となるパソコンにプログラムをインストールします。以下はIISが稼動しているサーバー側で必要な設定内容です。
  2. Web Management Service (WMSVC)を稼動させるIIS_Remore2
  3. レジストリー
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WebManagement\Server
    の ”EnableRemoteManagement” の値を 1 にする。

    役割サービスの追加で「管理サービス」が追加されている場合

    • Windows 2008 Server
    • Windows7

    IIS マネージャーの「管理サービス」による設定が可能となります。

  4. Port 8172 を使用して通信するためFirewall の設定を変更し、このPortを通信可能にする。以上で作業は完了です。
    パソコン側でリモートIISマネージャーを起動すると、サーバー側のマシンのユーザー名とパスワードの入力を求められた後、下図のようなIIS管理用の追加オプションの選択画面が表示されますが、再度接続した際にも選択できますので、最初は特に選択する必要はありません。IIS_Remore

参考
http://learn.iis.net/page.aspx/158/remote-administration-for-iis-manager/



コメントをどうぞ