perlを動かす


IISでperl CGIを動かすためには、Windows用のPerlディストリビューションのActivePerlを利用します。

  1. ダウンロード
    http://www.activestate.com/activeperl/downloads/からWindows MSWin32 x86 をダウンロードします。
    (64bit OS環境であってもx86版にしましょう。現在x64版のPPMがほとんど用意されていないため。)
    (現在、5.8系と5.10系があるが、5.8系のが無難かもしれません。)
  2. ダウンロードしたファイル(ex. ActivePerl-5.8.9.826-MSWin32-x32-290470.msi)を実行し、インストールします。
    インストールオプションはデフォルトのままインストールしてしまってよいでしょう。
  3. IISの設定変更
    1. [スタート] – [管理ツール] – [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]を起動します。
    2. 左側のツリーから該当のサイト(ex. Default Web Site)を選択し、「ハンドラ マッピング」をダブルクリックします。
      activeperl-iis01
    3. 右側の操作エリアの「スクリプト マップの追加」をクリックします。
      activeperl-iis02
    4. 「スクリプト マップの追加」画面で以下を入力します。
      activeperl-iis03

      要求パス *.cgi
      実行可能ファイル
      (オプション)
      {perlをインストールしたフォルダ}¥bin¥perl.exe “%s” %s
      ex.) C:¥Perl¥bin¥perl.exe ”%s” %s
      名前 perl CGI
    5. 「スクリプト マップの追加」メッセージで、「はい」をクリックします。
    6. cgiのハンドラマッピングが追加されます。
      activeperl-iis04
    7. 既定のドキュメントにindex.cgiを追加します。
      左側ツリーで「コンピュータ名」を選択し、「既定のドキュメント」をダブルクリックします。
      php-setup05
    8. 「既定のドキュメント」画面で、右側の操作エリアの「追加」をクリックします。
      php-setup06
    9. 「既定のドキュメントを追加」画面で、「index.cgi」と入力します。
    10. 「既定のドキュメント」画面に戻り、index.cgiが一覧に追加されていることを確認します。

以上

[このドキュメントに対応する環境]

  • OS
    • WIndows Server 2008
    • Windows Vista
    • Windows 7
  • IIS
    • 7.0
    • 7.5


タグ: ,


コメント / トラックバック2件

  1. 和田 より:

    お世話になります。
    IISでpealを動かす設定方法がわから無かったので助かります。
    この記事について質問があります。

    4.「モジュールマップの追加」画面で以下を入力します。
    の行の下にある画面は、スクリプトマップの追加の画面ではないでしょうか?

    私は画面の貼り間違いと解釈して
    モジュールマップの追加で
    要求パス:*.cgi
    モジュール:CgiMidule
    名前:perl CGI

    を設定してみました。

    更に、スクリプトマップの追加を行い

    要求パス:*.cgi
    実行可能ファイル:C:¥Perl¥bin¥perl.exe ”%s” %s
    名前:perl CGI

    の設定を行うのでしょうか?

    お忙しいところ申し訳ありませんが宜しくご教授願います。

  2. 浅見 城輝 より:

    > 和田さん
    ご指摘の通り、説明に対して貼り付けてる画像が間違っていました。
    申し訳ありません。

    モジュールマップの追加でモジュールにCgiModuleを選択して登録することはスクリプトマップの追加を行うことと同義になります。

    すなわち、
    モジュールマップの追加で
    ・ 要求パス:*.cgi
    ・ モジュール:CgiModule
    ・ 実行可能ファイル:C:¥Perl¥bin¥perl.exe ”%s” %s
    ・ 名前:perl CGI
    を設定することと、
    スクリプトマップの追加で
    ・ 要求パス:*.cgi
    ・ 実行可能ファイル:C:¥Perl¥bin¥perl.exe ”%s” %s
    ・ 名前:perl CGI
    を設定することは、同じ結果になります。

    張り付けてある画像は登録したperlのハンドラーマッピングの編集画面として表示されるものでした。
    大変失礼しました。

    モジュールマップの追加ではなくスクリプトマップの追加をするように本文も修正させていただきました。
    ご指摘ありがとうございました。

コメントをどうぞ