SSIでファイルの最終更新日時を表示する


SSIを利用して、アクセスされているページの最終更新日時を表示したい場合、ファイルに以下のコードを追加します。

<!--#config timefmt="%Y/%m/%d %H:%M:%S" -->
<!--#echo var="LAST_MODIFIED" -->

#config timefmtで表示される書式を指定しますが、Apacheで指定できるものとは若干違いがあるので注意が必要です。

%a 曜日の省略名(英語)
ex.) Mon
%A 曜日の完全な名前(英語)
ex.) Monday
%b 月の省略名(英語)
ex.) Aug
%B 月の完全な名前(英語)
ex.) August
%c Cロケールで一般的な日付時刻表記
ex.) 08/31/09 23:10:08
%d 日にち(01~31)
ex.) 31
%H 24時間表記での時間(00~23)
ex.) 23
%I 12時間表記での時間(01~12)
ex.) 11
%j 年の初めから通算の日数(001~366)
ex.) 243
%m 数値で表した月(01~12)
ex.) 08
%M 分(00~59)
ex.) 10
%p 午前/午後(AM, PM)
ex.) PM
%S 秒(00~59)
ex.) 08
%U 年の初めから通算の週数(00~51)
年の最初の日曜を始まりとする。
ex.) 35
%w 週の何番目の日か(0~6)
日曜を0とする。
%W 年の初めから通算の週数(00~51)
年の最初の月曜を始まりとする。
ex.) 35
%x Cロケールでの日付表記
ex.) 08/31/09
%X Cロケールでの時刻表記
ex.) 23:10:08
%y 西暦の下2桁(00~99)
ex.) 09
%Y 4桁の西暦
ex.) 2009
%z, %Z タイムゾーン名または省略名
ex.) 東京 (標準時)
%% %文字

上記表の例は、2009年8月31日23時10分8秒 JSTだった場合のものです。

SSIの利用するための方法は「Server Side Includes (SSI)を利用する」を参照してください。

以上

[このドキュメントに対応する環境]

  • OS
    • WIndows Server 2008
    • Windows Vista
    • Windows 7
  • IIS
    • 7.0
    • 7.5


タグ: , ,


コメントをどうぞ