Windows Azure CompanionのDeploy


Windows Azure Companionは、OSSのPHPアプリケーションをAzureに簡単に展開することができるツールです。

PHPバイナリやMySQL互換のMariaDB、PHPアプリケーションなどのセットアップができるようになります。

インストールできるアプリケーションは自分でFeedに記述したものになりますが、サンプルとして用意されているFeedでは以下のアプリケーションです。(2010/12/26時点でのサンプルFeed)

  • PHP 5.2.16, 5.3.4
  • MariaDB 5.1.53 (MySQL互換DB)
  • phpBB 3.0.7
  • WordPress 3.0.1 (英語、SQL Server対応版)
  • eXtplorer File Manager (2.1.0 RC1)

それではWindows Azure CompanionをAzureにDeployする方法を紹介します。

※ 以下はWindows Azure Companion – Dec 2010 CTPでの手順です。

Windows Azure Subscriptionを購入し、Hosted ServiceとStorage Accountが作成済みであるものとします。(「Windows Azure 用アプリケーション開発 Step-by-Stepチュートリアル ガイド 第3章 Windows Azure運用環境への展開 (1)」などを参考にしてください。画面古いけど汗)

  1. Windows Azure Companionのダウンロードページにアクセスしダウンロードする。
    Dec 2010 CTPでは以下の3つのファイルが用意されています。

    • WindowsAzureCompanion-SmallVM-Dec2010CTP.zip
      Smallインスタンス、SSLアクセスなし
    • WindowsAzureCompanionWithHttps-SmallVM-Dec2010CTP.zip
      Smallインスタンス、SSLアクセスあり
    • WindowsAzureCompanion-Source-Dec2010CTP.zip
      ソース。
      Visual Web Developerを利用してインスタンスサイズの変更やカスタマイズをすることができます。

    今回はWindowsAzureCompanion-SmallVM-Dec2010CTP.zipを利用します。

  2. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  3. ServiceConfiguration.cscfgを編集する。
    value=”*****”となっている5ヶ所をAzure環境に合わせて変更します。

    WindowsAzureStorageAccountName Azureストレージのアカウント名
    Storage Accountの「~.blob.core.windows.net」の”~”部分
    WindowsAzureStorageAccountKey AzureストレージのAccess Key
    Primary, Secondaryのどちらでもかまいません。
    AdminUserName Windows Azure Companion管理ユーザーのID(任意のユーザーIDを決める)
    AdminPassword Windows Azure Companion管理ユーザーのパスワード
    ProductListXmlFeed インストールするアプリケーション情報のFeed
    自分で作成したFeedを指定することでインストールするアプリケーションを増やすことができますが、↓のサンプルが用意されています。http://wazstorage.blob.core.windows.net/azurecompanion/default/WindowsAzureCompanionFeed.xml
      :
    <!-- Windows Azure Storage Account Details. -->
    <Setting name="WindowsAzureStorageAccountName" value="YOUR_STORAGE_ACCOUNT" />
    <Setting name="WindowsAzureStorageAccountKey" value="abcd1234efgh...==" />
    <!-- Admin user name, password and e-mail. Please user strong username and password -->
    <Setting name="AdminUserName" value="ADMIN_USERNAME" />
    <Setting name="AdminPassword" value="ADMIN_PASSWORD" />
    <!-- Atom Feed for Product items to be installed. This URL should be internet addressable -->
    <Setting name="ProductListXmlFeed" value="http://wazstorage.blob.core.windows.net/azurecompanion/default/WindowsAzureCompanionFeed.xml" />
      :
  4. AzureポータルサイトでDeployする。
    時間がかかるので一服しましょう。
  5. 完了したらセキュリティ対策をする。
    Windows Azure Companionのアプリケーションインストール後に実施すべきこと』の「Windows Azure Companion」に書かれているように、Blobストレージのコンテナのアクセス設定を”Private”に変更します。
  6. Windows Azure Companionの管理ページにアクセスしてみる。
    管理ページは8080ポートからアクセスできます。
    http://~.cloudapp.net:8080/
  7. ログイン
    ServiceConfiguration.cscfgに入力した「AdminUserName」「AdminPassword」を入力します。

この管理ページからアプリケーションのインストールをすることができます。

各アプリケーションのインストール方法は別の記事で紹介します。


タグ:


コメントをどうぞ